現役インストラクターの年収を公開【実際の経験談をお伝えします】

未分類

・インストラクターの年収はいくらなのか?

・インストラクターの年収で生活できるのか?

・インストラクターになれても将来、不安だな。。。

こういった疑問を解決します。

✔︎本記事の内容

・現役インストラクターの年収と内訳を公開します

・インストラクターの年収で生活ができる理由※理由もあります

・インストラクターとしての働き先、5選まとめました

■1:現役インストラクターの年収と内訳を公開します

現役のインストラクターですが2020年、7月の月収は60万円ほどです。

年間を通してイベント企画やクラス運営なども含め、年収は800万から1000万円。

「インストラクター」という仕事を持つ人間の中では割と収入がある方と思います。

続いての章では僕自身がやっていること、やってきたことをお伝えします。

■2.インストラクターの年収で生活ができるのか?※理由もあります

結果。できます。

可能です。

僕自身、メディアに出れるような人気インストラクターでも全国を飛び回って活躍をするインストラクターでもありません。

ですがサラリーマン正社員の月収が20万円もしくは30万と仮定し、その上ボーナスがあったとしても倍近くの年収を稼ぐ事は実際に可能です。

なぜなら、

仕事の本数によって給料が変わる為、働いたら働いた分だけ収入を増やすことができるからです。

実際の僕のエピソードをお話します。

僕自身まずは単価の低いフィットネスのインストラクターから初めて実績を積み、繋がりを作り、そこから単価が高い仕事にシフトをしつつ、イベント開催やクラス運営で収益を得ています。

初めからはそんなに年収稼ぐのは難しいよね?と思うかも知れません。

どんな仕事も継続が大切です。

一瞬にして成り上がれたとしても継続ができなければ意味がありません。

というのは、人と人の繋がりや紹介からの仕事が多いため、様々な人たちとの出会いや信頼関係に時間をかける必要があります。

初めからたくさん稼げる人はいません、どんな仕事も努力と継続が必要です。

このインストラクターという仕事は情や思いやりがある人も沢山いて、そして人の成長に関われるとてもやり甲斐のある素晴らしい仕事だと思います。

■3.インストラクターとしての働き方をまとめました

インストラクターとして年収を上げたいのであれば、仕事は分散することを勧めます。

・その1:フィットネスクラブやヨガスタジオ

・その2:イベント主催やサークル活動

・その3:行政機関や会社からの依頼

・その4:専門学校や大学での講師

・その5:スタジオ経営

□その1:フィットネスクラブやヨガスタジオ

・どうやって仕事を得るのか?

1年に数回、不定期ですがオーディションを開催しています。あとは繋がりからの紹介もよくあります。

開催時期や募集している内容はその時々によって違いますのでオーディション情報などのサイト、企業のサイトもチェックしておきましょう。

・どれくらい稼げるのか?

1レッスン60分3,000円〜5,000円位が主流ですがクラスによって30分や45分なども多いため実際はこの金額から×0.5や×0.75になる場合もよくあります。

・メリットとデメリット

メリットは毎週クラスがあり安定した収入を得られること。

デメリットは会社の売り上げによってレッスンがなくなったり、契約してる金額が減少したりします。

□その2:イベント主催やサークル活動

・どのように仕事得るのか?

もし自分が固定のファンやお客さんを持っていればイベントを企画して参加者を募ります。

普段のクラスとは違ったロケーションや内容、時間を企画し、定員や料金を設定します。

SNSなどで使い拡散すると内容によっては想像以上の集客が見込めます。

影響力がない新人インストラクターの場合でも人やモノとコラボすることよって影響力を作り出すことができます。

・メリットとデメリット

固定のお客さんの数や影響力によって開催や集客、収入が左右されること。

□その3:行政機関や会社からの依頼

・どのように仕事を得るのか?

実績や経歴を考慮した上での紹介がほとんどです。個人間ではないため、仕事の数も多岐にわたり様々な分野が多いのも特徴の一つです。

・どれくらい稼げるのか?

単発なのか、継続する事業なのかで大きく変わりますが数万円〜数十万の仕事もあります。

この仕事はキャリアの一つにもなりますし、今度も需要が高まる仕事の一つですね。

□その4:専門学校や大学での講師

・どのように仕事を得るのか?

・卒業生が現場での経験を生かし母校で講師を務め、そこからの紹介が主流。単発でのクラス担当などの依頼などもあります。

・どれくらい稼げるのか?

担当する授業のコマ数によりますが6,000円〜10,000円。

・メリットとデメリット

メリットは人の成長や人生に関われます。人間が好きな人にはとてもやりがいのある素敵な仕事です。

デメリットは募集している枠数や担当できる枠が多くない事。カリキュラムの作成などの授業準備の負担がある。

□その5:スタジオ経営

全てを自分で決めて判断し、お金の流れを作ることができます。

クラス運営だけでなく経営判断能力なども必要になりますが、人を雇うことによって飛躍的に売り上げを伸ばすことも可能になります。

・どれくらい稼げる?

内容によってピンキリですが数百万円稼ぐこともできます。

使用していない時間はレンタルスペースとして活用することも可能。

・メリットとデメリット

メリットは自分のやり方次第で利益を生み出せること。

デメリットは家賃という固定費用が必ずかかるということ。スタジオ経営だけは必ず赤字が発生する可能性があります。

運動や健康の需要は今後高まる一方です。この仕事は頑張れば頑張る分だけ、年収が上がります。

自分自身で未来を切り開くためにインストラクターという職業に夢を持って是非チャレンジしてもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました